漢方脉診流 宮脇鍼灸院

神経系・運動器系・循環器系・呼吸器系・消火器系疾患

>サイトマップ
ご予約・お問い合わせ 06-6472-7982
メールでのお問い合わせはこちら

神経系疾患

神経痛

痛みについて、東洋医学ではその原因を「冷え」(寒邪)によるものと診ています。ですから基本的に温めることが早く治るということになります。 はり、灸治療、特に当院では、まず西洋医学の面からその痛みは脊髄神経が出てくる椎管孔の狭窄によるものか、筋肉やスジの疲労によって起こったものかを判断します。 その上で東洋医学的治療を行います。まず患者様の治そうとする力(自然治癒力・生命力の強化)が旺盛になるように、全身をめぐっている経絡のバランスを整える治療をします。これが患者様の回復力を高めることになり、これだけで痛みは半減します。そして、悪い部分の血液循環をよくするようにその部分を治療していきます。痛みはこれで軽くなっていきます。

その他疾患

神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー

運動器系疾患

頚肩腕症候群

肩や頚の凝りを含んだ、一番多い症状のひとつですが、頚椎の異常がないか、内臓に病気がないか西洋医学の面から観察します。次に東洋医学では気血が上に昇り頚肩に充満して、腕まで違和感を出していると診ます。 気血を足の方へ下げていくように治療します。経絡(全身に12組24本)の調整を行います。そうすると頚肩の充血がとれて痛みや重だるさが軽減します。次に、頚肩の凝りや圧縮に対して軽く気血を流すようにはりや灸(温灸)を行います。からだが軽くなり生き返ったような気分になります。

その他疾患

関節炎、リウマチ、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系疾患

高血圧・低血圧

原因は、生活習慣病であることは承知の通りです。ですから、治療は多少長期になりますが血圧を安定させるのは、短時間でも可能です。当院の治療法である体質改善を行ってください。 脉を診て(脉診)全身の気血水のバランスを整えてやれば、生命力が強化され、血圧は安定してきます。

その他疾患

心臓神経症、動脈硬化症、動悸、息切れ

呼吸器系疾患

喘息

現代医学でもなかなか根治が難しい病の一つです。
アレルギーによるとされていますが、体質を変えればよくなります。漢方では気の病とも言われていますが、当院の治療はまさに気を調整する(専門用語で経絡治療と呼んでいます)治療法ですので、苦しい呼吸困難から開放されます。

その他疾患

気管支炎、風邪、および予防

消火器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)

この病気で悩んでおられる方は非常に多いと思います。医師の診察と治療を受けてもなかなかだと思っておられる方へ、はり灸治療から診ると漢方でいうところの脾臓という臓器が弱って、胃や腸の症状が出るのです。この脾臓という臓器は、(西洋医学でいうところの膵臓や胃、十二指腸、胆のう、肝臓の一部までを含んだ臓器と考えてください)を中心に五臓(漢方でいう肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓)のバランスをとることにより胃腸の症状がよくなっていきます。
家庭でも出来る足三里の灸はよく効きますヨ!

その他疾患

胆のう炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾

Copyright(C)2006 大阪市西淀川区 宮脇鍼灸院. All Rights Reserved.