漢方脉診流 宮脇鍼灸院

代謝内分泌系・生殖・泌尿器系・耳鼻咽喉科系・眼科系疾患

>サイトマップ
ご予約・お問い合わせ 06-6472-7982
メールでのお問い合わせはこちら

代謝内分泌系疾患

バセドウ氏病

西洋医学でもよくなるのですが、なかにはどうしてもよくならない患者様がおられます。そんな方へ本当の東洋医学で治している当院の治療を受けてください。 甲状腺のあるのどのところは、ツボの系統(経絡)がたくさん通っています。その中心となるのが肝臓と脾臓です。これらを中心に全身のバランスを整えますと、ホルモンの調整ができます。つまり自律神経が大きくこれに関与しているのです。

その他疾患

糖尿病、痛風、脚気、貧血

生殖、泌尿器系疾患

腎炎

なかなか難治な病です。現代医学も診断はしますが、あとは経過を診てどうしてもよくならなければ人工透析という方法になっています。
こうなる前に東洋医学の力を受けてください。肝腎要と言われるように東洋医学でも難しい臓器です。漢方の食養(薬膳)を合わせて当院の経絡治療(十二経の気血水を調整)を長期に受けてください。

その他疾患

膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、前立腺肥大、陰萎

耳鼻咽喉科系疾患

メニエル氏病

原因がよくわかっていませんが、東洋医学では肝臓と胆のうを中心に治療します。「肝は血を蔵す」と中国の古典に書かれています。この血に気(気は動きます)が安定しないため、めまいや耳鳴などが発生します。よく効いて安心の生活ができます。

その他疾患

中耳炎、耳鳴、難聴、鼻出血、鼻炎、ちくのう、咽喉頭炎、へんとう炎

眼科系疾患

眼精疲労

パソコン時代になり、目が疲れたと感じる人と、頚肩が凝る、頭が痛いと訴える人がいます。
五臓六腑で眼に関係のあるのは、肝臓、腎臓、脾臓です。これらの弱っている臓器を脉診で診断して治療します。パソコンが楽に操作できます。

その他疾患

仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい

Copyright(C)2006 大阪市西淀川区 宮脇鍼灸院. All Rights Reserved.